【えむふじんの日常】えむ家のバレンタインデー 〜1粒1,000円チョコレートの行方〜

今週も人気絵日記ブログ「えむふじんがあらわれた」の著者であるえむふじんがパラレルジャーナルにも現れました!

あと2週間もすれば2月14日・バレンタインデー。えむ家のバレンタインデーに関するお話を今回は描いてもらいました!

 

登場人物

f:id:p-journal:20171130180918p:plain

えむふじん:正直に生きることをモットーにする作者。

 

f:id:p-journal:20180128172547p:plain

旦那えむし:記憶力はそこそこ良い方。覚えてなくても良いことは特によく覚えている。

 

f:id:p-journal:20180128172637p:plain

長男えむお:学校ではモテモテ・・・ではない。告白された経験は無い様子だけれど、私が知らないだけかも?

 

f:id:p-journal:20180128172716p:plain
長女えむこ:好きな男の子がいる小学三年生。幼稚園の頃から「好き」って言ってたけど、最近は恥ずかしくなって言えなくなった様子。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/p-journal/20180128/20180128171611.jpg?1517127536

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/p-journal/20180128/20180128171634.jpg?1517127537

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/p-journal/20180128/20180128171652.jpg?1517127538

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/p-journal/20180128/20180128171713.jpg?1517127538

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/p-journal/20180128/20180128171731.jpg?1517127539

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/p-journal/20180128/20180128171757.jpg?1517127539

1粒1,000円のチョコレート

一粒1,000円のチョコレートは確か、有名な賞を獲ったパティシエのチョコレートだったんですよ。

お店に入ると商品が宝石みたいにディスプレイしてあって、見た瞬間に心を奪われました。

「バレンタインデーだし、旦那にコレを買ってあげよう!」そう思って買って帰宅したんですが、結局は漫画で描いた通り欲に負けました。

そうして旦那の許可を貰って食べたチョコレートは味も香りもリッチでした。

少し大ぶりな一粒を口に運ぶと気品あるカカオの苦味。

ひと齧りするとほんのりオレンジの香りもしました。

何層かになっていたチョコレートの口溶けも最高で、確かそれぞれに甘みも違ったと思います。

「いつかもう一度食べたいな。やっぱり旦那にもあげたいな」そう思っていたけれど、それから数年後、そのショコラティエは閉店してしまい、二度と同じものは買えなくなってしまいました。

素敵なお店だったのに、残念です。

 

小学三年生のバレンタインデー

長女には好きな男の子がいます。

幼稚園の頃は「わたしなー、〇〇くんとけっこんするねん」ってしょっちゅう言ってたんですが、最近はその頃のように「好き」とは言えていないようです。

その男子にはどうやら他の子を好きなようで、去年はせっかく用意したチョコレートを渡せず帰ってきました。

特に小学生の頃は人気のある子って集中しますよね。

ライバルも少なく無いので、恋愛成就への道はなかなか険しそうです。

 

▶えむふじんの他の記事を読む

【執筆者】 えむふじん

f:id:p-journal:20171130180236p:plain

漫画やアニメ、ゲームが好きな絵日記ブロガーです。旦那と3人の子供がいます。


▶えむふじんさんのブログ:えむふじんがあらわれた

▶えむふじんさんのTwitter:@mshimfujin