【えむふじんの日常】PTA役員を巡る、ママたちの熾烈な駆け引き

 

今週も人気絵日記ブログ「えむふじんがあらわれた」の著者であるえむふじんがパラレルジャーナルにも現れました!

今回はPTAに関する話題。えむふじんは地方在住で、どうやら地方と東京ではPTAの負担がだいぶ違うそう。そんなPTA役員を巡る、ママたちの熾烈な駆け引きを描いています。

登場人物

f:id:p-journal:20171130180918p:plain

えむふじん:PTAの元会長な作者。まわりのお母様方から相談されることも多いけれど、勿論あけっぴろげに話せないことも多い・・・。役員の任期を終えても、元役員という事でお手伝いに出向くこともある。

 

PTA役員を巡る、ママたちの熾烈な駆け引き

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/p-journal/20171230/20171230212443.jpg?1514636862

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/p-journal/20171230/20171230212508.jpg?1514636866

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/p-journal/20171230/20171230212526.jpg?1514636866

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/p-journal/20171230/20171230212550.jpg?1514636866

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/p-journal/20171230/20171230212606.jpg?1514636865

PTA役員は楽じゃ無い

PTAの役員選出で大変な思いをされた方もおられたのでは無いでしょうか。
役員になれば、一年間いろいろな行事の準備や出席は絶対です。
大きな役に当たれば人の前に立つ事もあったり、地域の集会を始め様々な活動に出る事になります。

その負担の過大さから、仲の良いお母さん方でも腹の探り合いをしてしまいがちですよね。
役員選出会欠席者の方を役員に決めてしまったりして、後で大揉めすると言うのもよく聞く話です。

私は元役員という立場なので、役員選出会のお手伝いをする事があります。
立場的に色々と話せないこともあり、こう言ったLINEが流れてくると立ち振る舞いが難しいなと思うことがしばしば。

 

地方と東京では違いがある

また、地方と東京ではPTAの負担も少々事情が違うようです。
特に地方ではPTAの予算を学校に収めたりする事もあるので、バザー委員などに当たると展示物や販売品の制作準備などで過大な労働を強いられる事もあります。

 

ところが、「学校がPTAの予算を頼っている」という話をすると、「今どき、そんな学校ないでしょ!」とビックリされることがあります(「取材不足」とお叱りを受けることすらあります)。

驚くのは、ほぼ必ず、東京の人です。

どうして東京の人ばかり、驚くのでしょうか? なぜなら、東京の学校はPTAのお金に頼らず、ちゃんと公費で運営しているケースが多いからです。

(中略)

東京都では、戦後間もない時期から、PTA会費による公費負担が問題となり、公費の予算化が進んできました。

残念な常識「学校はPTAのお金に頼っている」に、東京の人だけが驚く理由。」より引用

 

このような事情から東京から地方へ引っ越されてきた方の中には、PTA活動の重さの違いに驚かれる事もあるようです。

PTA活動は悪い事ばかりではありませんが、役員に当たった人へのメリットよりデメリットの方が大きいのは間違い無いありません。
PTAに限った事ではありませんが、時代に合わない活動は少しでも縮小されて行けば良いなと思います。

 

その他、PTAでの体験記事はこちらからでも書いています。

 

▶えむふじんの他の記事を読む

【執筆者】 えむふじん

f:id:p-journal:20171130180236p:plain

漫画やアニメ、ゲームが好きな絵日記ブロガーです。旦那と3人の子供がいます。


▶えむふじんさんのブログ:えむふじんがあらわれた

▶えむふじんさんのTwitter:@mshimfujin