聞きたくても聞けないのは、自分が傷つくのが怖い証拠。プライドを下げることからはじめよう

f:id:p-journal:20171112165901j:plain

こんにちは。現役女子大生のヌイです。 

 

突然ですがあなたは、今まで気を遣いすぎて、言いたいことが言えなかった経験はありませんか?

「おかしいと自分ではわかっているはずなのに、どうしてなんだろう」と感じたことは、少なからずあると思います。後々、後悔してしまうものです。

では根本的な大きな理由は、いったい何でしょうか。私は、自分が傷つくことへの怖さだと思います。そしてその原因をつくっているのは、自分への期待値やプライドです。

 

今回は、普段なかなか自分の意見を発言できずに後悔している人に向けて、綴っていきます。少しでもヒントになれるとうれしいです。

 

相手に聞けない理由は、本当に相手に気を遣いすぎているから? 

f:id:p-journal:20171112170050j:plain

日本社会は部活やアルバイト/職場など、さまざまな場面で上下関係が生じます。どうしても、対等に話すことがむずかしいものです。 

でも、上司や先輩の中で「気軽に話せる関係」と「気軽に話せない関係」と分けられませんか?決して、年齢で片付く問題ではないのかなと。ここをさらに深掘りしてみましょう。

 

気軽に話せる関係は年齢関係なく、お互いに信頼関係がある状態だと思います。この環境だったら素で話せたり、否定されないといった安心がありますよね。

逆になかなか気軽に話せない場面は、「こんなこと聞いたら怒られそう」と相手に委縮してしまったり、先入観を抱えている状態です。

もちろん相手の振る舞いによって、自分が怖じ気づくこともあるでしょうし、怒られた過去があるならトラウマにもなります。

 

でもほとんどの場合、相手よりも自分の課題を解決した方がはやいです。相手への萎縮や先入観を、取りのぞく努力からはじめてみてはいかがでしょうか。 

相手への萎縮の原因は自分が傷つきたくない証拠。プライドを下げて行動しやすい体質にする 

f:id:p-journal:20171112170139j:plain

では、萎縮や偏見をつくる要因は何でしょうか。私はシンプルに、自分が傷ずつことを恐れているのかなと思います。

 

「こんなことを言ったら怒られないかな」「まだ完璧な質問ではないよね」といった不安が根底的にあると思いますが、共通点はいずれにしても、自分が傷つくことへの不安です。

誰しもが、指摘や批判されることへ抵抗を持ちます。私ももちろん、たくさん不安に思うことがありました。

そのときの心情を今思い返せば、自分への期待値やプライドが高かったんだと思うのです。どこか「優秀だと思われたい」と、恥ずかしながら思っていました。

 

でも自分へのハードルやプライドを上げてしまうと、いいことはありません。

聞きたいことが聞けなくなりますし、自分に厳しくしてしまうと他の人へのハードルも上げてしまう。「あの人、あんなことを質問しているの?」と、批判思考になってしまいます。

 

最初から完璧な人っていないですよ。まずは「今の自分は指摘されても当然」と自分のプライドを下げて、行動しやすい体質にしていくことが大切です。 

目標をあえて小さくし、小さな成功体験を積み重ねていくことで自信につながる

f:id:p-journal:20171112170208j:plain

自分のプライドを下げると、挑戦しやすい体質になると書いてきました。もっと挑戦しやすい思考にしたいと思いませんか? 

私は小さな成功体験を積み上げることが、1番の近道だと考えています。やはり数をこなしていくと、自信につながります。

 

日本人って、まじめで完璧主義です。どうしても「できなかったこと」に目を向けがちですし、小さな目標を卑下してしまいます。そこからまずは改善してみる。 

会議中にいつも発言できずにいて後悔してしまうのであれば、もっと目標を小さくしてみましょう。いったん視点を変えて、あえて会議中で発言することを目標にしないんです。

ちょっと勇気を出せば、飛べそうなハードルに。例えば、「会議前に部長に話しかけてみる」とハードルを下げて、設定してみてはいかがでしょうか。 

 

そしてどんなに小さい目標でも、達成したら自分を褒めましょう。

自分の設定した小さなゴールを積み重ねていくと、次第にアクションを起こすことに慣れてきます。自ずと人間関係でも信頼関係が築けて、発言しやすくなると思いますよ。

 

行動していくと指摘されたりすることで、自分の感情がマイナスになることもあると思います。そういったときに私がよくやるのは、頭で悩まずに紙に書くことです。

紙に吐きだすことで、脳内が整理されます。脳内がすっきりすれば、心もすっきりしてきますよ。とても効果的でおすすめなので、ぜひやってみてください。

おわりに

今回は、気を遣いすぎてなかなか自分の意見を発言できない方に向けて、綴ってきました。

多くの場合、自分が傷つくことが怖くて発言できないケースがほとんど。指摘を受けて、メンタルがやられることもあるでしょう。その根本的な原因は、自分への期待値が高いからです。

 

まずは、自分のプライドを下げる。プライドを下げると、自分の行動力が上がります。ここ1年でやっと気づき、今私の課題でもあります。

行動力が上がれば、あとは成功体験を積んでいけば自信に。自信を持てるようになれば、批判思考もすこしずつ緩和され、さらにアクションをおこしやすい体質になりますよ。

 

ここまで偉そうに語ってきましたが、私もまだまだです。一緒にすこしずつ克服していきましょうね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

▶︎ヌイさんの他の記事を読む

【執筆者】
ヌイ

f:id:p-journal:20171104195327j:plain

94年生まれの現役女子大生。自分メディア「ヌイの脳内」では、エッセイ、大学生活、就活、複業を中心に綴っています。ここ2年間ほど、複業がしたいと言い続けてきました。春から社会人なのでコツコツ積み重ねていきます。


▶ヌイさんのブログ:ヌイの脳内

▶ヌイさんのTwitter:@nui_nounai