クラウドソーシングでの副業について、稼ぎ・収入面を解説します

f:id:tamamask:20171117172820j:plain

場所や時間に捕らわれずに仕事ができるというメリットから、本業ではなく副業として、クラウドソーシングを検討している方もいらっしゃると思います。

今回はクラウドソーシングでの副業とはどういったものなのか、気になる収入についても解説します。

 

クラウドソーシングでの副業とは

f:id:tamamask:20171117172854j:plain

自宅でできる副業を探す場合、今まではライティングなど作業自体は自宅でできるものであっても、一度は企業へ赴き、面接などを経て直接契約を結ぶ必要がありました。

 そのため、「本業が忙しいためになかなかそういった時間を取ることができず、副業をしたくてもできない。」という方が多くいました。このような、副業についての条件や不安を解消してくれるのが、クラウドソーシングです。

クラウドソーシングで、パソコンとネット環境さえあれば、誰でも場所や時間を限らず、副業が始められるようになりました。

 クラウドソーシングでできる仕事は、様々です。ライティングやデータ入力など、未経験でもできる仕事から、パソコンのシステム開発やホームページ作成、デザインや翻訳など、専門的な技術を要するものといった、プロ向けの仕事も多数掲載されています。

本業である看護師の資格を活かし、副業として病気解説の記事執筆をする、ということもできますし、本業にはできなかったデザインの仕事を副業として請け負うこともできます。

 たとえ資格を持っておらず、専門的な知識がない場合でも、クラウドソーシングではタスク形式といって、誰でもすぐに始めることができるライティングやデータ入力の仕事も多いため、誰でも気軽に副業を始めることができます。

クラウドソーシングでの副業は、まさに副業を検討しているすべての方にお勧めできる、新しい働き方であるといえます。

 

クラウドソーシングって稼げるのか。収入面について解説します。

f:id:tamamask:20171117172948j:plain

クラウドソーシングで副業を始める場合、気になるのが「どれくらい稼げるか」という点です。

 クラウドソーシング企業の「クラウドワークス」が発表した「2017年9月期 決算説明資料」では、クラウドワークスに登録しているワーカーのうち、エンジニア・デザイナー、ライター、主婦・シニア、それぞれ直近1年間の報酬事例を挙げています。

それによると、クラウドワークスにてエンジニア・デザイナーとして活動している方の中には、年間報酬が1000万円を超えている方が複数います。

また、Web上のサイトにおいて、クライアントの希望に沿ったWebサイトを作り上げるWebディレクターとして活動している方の報酬は年間600万円を超えており、
ライターでも年間300万円を超えている方が多くいます。

定年を迎え、外で働くことが難しいシニアの方でも、年間収入が80万円を超える方が複数いらっしゃり、空いた時間に手軽な仕事を請け負っている「かんたん在宅ワーカー」として働く主婦の方も、年間130万円以上の収入を得ているのです。

 このように、エンジニアやWebディレクターなど、数ある仕事でも特に専門的知識や技術が必要な仕事は特に収入が高く見込める一方で、たとえ専門的な技術や知識がなかったとしても、
クラウドソーシングを使うことで、100万円を超える収入を得ることも、十分可能となっている、ということがいえます。


◆クラウドソーシングは今、どれくらいの方が利用しているのでしょうか?

先ほどご紹介した資料からクラウドワークスでの登録者数を見てみると、2013年9月末には6.7万人だった登録者数が、2017年11月現在、156万人と、急成長しています。

登録者が増加する一方で、クラウドソーシングを利用して仕事を発注するクライアント数も増加しており、2017年11月現在、22万社とこちらも急激に上昇しています。

 つまり、仕事を受注する方が増えている一方で、発注している会社数も増加傾向にあることで、よりクラウドソーシングによって仕事を受注できる可能性が上がっている、ということがいえるのです。

 では実際に、専門的な技術や経験が全くない状態で、クラウドソーシングによる副業を始めた場合、どれくらい稼ぐことができるのでしょうか。

1記事3000円、文字数3000文字のライティングの仕事を1週間に3本書いたとしたら、週に9000円の利益となり、4週で36000円の収入となります。

仮に月5万円稼ぎたいと考えている場合は、同じく1記事3000円の記事を月17本書くことになります。

 「本業が忙しく、本業がある日は副業をする時間がない」という方は、週末に4本以上仕事をすることで十分可能となりますし、
逆に週末は仕事を完全に休みたいという方は、平日の空いた時間にコツコツと仕事をすることで、十分達成可能となります。

「自分の都合に合わせて副業を進めることができる」という点が、クラウドソーシングで副業を始める一番のメリットである、ということがいえます。

 

クラウドソーシングは新しい副業のスタイル

クラウドソーシングでの副業は、時間や場所にとらわれない、全く新しい副業のスタイルだといえます。

たとえ専門的な技術や知識がなくても、月に5万円以上稼ぐことは、十分可能です。

クラウドソーシングで副業を始めるにあたっては、まず「月に〇〇円稼ぐ」と、目標金額を設定してから初めて見ることを、お勧めします。

次回は、クラウドソーシングで受注できる仕事内容を解説します。ぜひご一読ください。


▶︎クラウドソーシング・クラウドワークスの全記事はこちら