クラウドワークスとは?仕組みや掲載されているお仕事を紹介

f:id:tamamask:20171227160410j:plain

クラウワークスは、日本最大級のクラウドソーシングサービスです。

今回は、クラウドワークスに興味をお持ちの方のために、クラウドワークスとはどのような仕組みでできているのか。そしてどのようなお仕事があるのか、クラウドワークスのスタッフがご説明します。

クラウドワークスとは?

f:id:tamamask:20171127183847j:plain

クラウドワークスは2011年に創業した、株式会社クラウドワークスが運営している日本国内最大級のクラウドソーシングサービスです。

株式会社クラウドワークスは、2011年にマザーズへ上場を果たしており、「21世紀の新しいワークスタイルを提供する」をミッションとしています。

クラウドワークスは、総合型のクラウドソーシングサービスであり、150万人以上の受注者(2017年10月時点)、20万社以上の発注者(2017年10月時点)が登録しています。

契約から受注、納品に契約の終了、そして報酬を得るという工程を全てオンラインで完結することができ、登録料は無料です。そのため、フリーランスや専業主婦の在宅ワークの他にも、正社員の兼業・複業としての利用も増えています。

クラウドワークスで流通しているお仕事のご紹介

f:id:tamamask:20171127183951j:plain

クラウドワークスには、どんなお仕事があるのでしょうか。クラウドワークスの仕事の形式や種類を紹介します。

初心者からプロまで活躍できる

クラウドワークスで流通しているお仕事は、プロ向けだけではなく、経験不問のお仕事もあります。そのため、初心者からプロの方までお仕事に取り組むことができるのです。

多彩な仕事があるので、スキルに応じてお仕事を選び、キャリアアップを狙うことも可能です。また、短時間で取り組むことができるお仕事もあるので、空き時間を有効活用できます。


◆クラウドワークスに掲載されているお仕事の種類とは

クラウドワークスに掲載されているお仕事は、Webからリアルまで多彩なお仕事があります。商品モニターやテープ起こしなどの取り組みやすいお仕事から、デザインやアプリ開発などの 専門的なお仕事まで、自分の特技を生かせるお仕事がみつかります。

報酬体系はどうなっているのか

また、報酬体型でも、固定報酬型やコンペ・タスク形式、そして時給単価形式があります。固定報酬制は記事作成やデータ入力のお仕事に多く、コンペ・タスク形式は主にデザイン関係のお仕事が多いです。

 

クラウドワークスの仕組みについて

f:id:tamamask:20171127184221j:plain

クラウドワークスの仕組みは以下の通りです。

契約から報酬を受け取るまで、全てがオンラインで完結

クラウドワークスは、オンラインで応募・契約から納品・報酬を得るという全工程を行うことができます。 契約のためにクライアント企業に足を運んだり、契約書を郵送したりすることで、お仕事を始めるまでに時間がかかってしまうことがありません。

また、対面での面接が不要なお仕事や、働く場所・時間を問わないお仕事も多く見つかります。

どうやってワーカーさんを選考するの?

ワーカーの選考基準は、実績や経歴、そして過去の作品が使用されます。場合によっては、オンラインや対面での面接があります。しかし、面接があるお仕事は募集の中でも一部で、主に専門的な知識を必要とする場合や特別な経歴が必要な場合です。

契約から納品までどの位かかるの?

オンラインですべて完結する場合、対応が早いクライアント企業の場合には、お仕事に応募したその日に発注、納品後すぐに記事の検収を行ってくれます。

そのため場合によっては、受注から検収完了まで1日以内というスピードのことも。

また、すぐにお仕事に取り組めない場合でも、スケジュールに合わせてくれるクライアント企業も多いので、「今は忙しいですが、週明けの月曜日以降なら対応可能です」とお声がけしてみるのもおすすめです。

 

「仮払い」システムで、報酬が受け取れない不安を解消!

クラウドワークスには、「仮払い」という事前入金システムがあり、仕事をしたらしっかりと報酬が支払われる仕組みになっています。オンラインで完結するお仕事では、クライアント企業の担当者の顔も知らないまま仕事をスタートすることになります。

信頼関係が構築できていない中で、お仕事に取り組むのは不安があります。

「仮払い」にクライアント企業が対応することで、クラウドワークスに入金があり、
万が一「納品をしたのにいつまでもクライアント企業が検収をしてくれない」というトラブルがあった際には、クラウドワークス事務局が対応を行います。


◆「後払い」はどんな制度なのか

「仮払い」とは別に「後払い」という支払い形式もあります。こちらは納品終了後にクライアント企業がクラウドワークスへ入金を行う制度です。

「もし納品したのに、クライアント企業がクラウドワークスに入金をしてくれなかったらどうするの?」

と不安になる方もいらっしゃるかもしれませんが、後払い制度を利用することができるクライアント企業は、クラウドワークスの与信を通過した企業のみです。

利用条件は、上場企業もしくはそれに準ずる企業のみとなっているので安心です。

知っておきたい!クラウドワークスのビジネスモデル

クラウドワークスのビジネスモデルは、メンバー様の報酬確定額から手数料としてお金をいただいていることで成り立っています。

システム手数料は以下の通りで、報酬が高額なお仕事に取り組むことで、手数料が軽減される仕組みになっています。

f:id:tamamask:20171127184336p:plain

 

クラウドワークスで自分に合ったお仕事を見つけましょう

クラウドワークスは、オンライン上で全ての業務を完結することも可能なクラウドソーシングサービスです。初心者からプロ向けまで、多彩なお仕事があり、どんな人でも安心してお仕事に取り組んでいただくことができます。

次の記事では、クラウドワークスの登録方法と本人確認の仕方を解説します。 クラウドワークスに興味を持ってくださった方は、こちらもぜひご一読ください。


▶︎クラウドソーシング・クラウドワークスの全記事はこちら