クラウドソーシングとは?市場もメリットもホットな新しい働き方

f:id:tamamask:20171116164828j:plain

 皆さんは、「クラウドソーシング」という言葉を聞いたことはありませんか?「クラウドソーシング」は、21世紀型の新しい働き方として、今注目されているのです。

今回は、「クラウドソーシング」とは何なのか、市場規模やメリットについて、解説します。

 

クラウドソーシングとは?21世紀型の新しい働き方

f:id:tamamask:20171116170402j:plain


仕事を担う人やサービスを、外部から契約によって調達し、企業活動に生かす手法を、アウトソーシングといいます。

クラウドソーシングは、群衆という意味を持つ「Crowd」と、調達・外注という意味を持つ「Sourcing」という、二つの言葉が合わさった言葉で、仕事を担う人やサービスの調達(Sourcing)を直接ではなくインターネット上で行うことで、社外の不特定多数の人(Crowd)に業務を外注することをさします。

では、なぜ今、クラウドソーシングが注目されているのか。それは、「21世紀型の新しい働き方」だからです。

今まで、仕事をするためには会社または現場に赴き、決められた時間いっぱいまで働いていました。一方、クラウドソーシングは、インターネット環境させ整っていれば、地球上どこにいても個々が仕事を発注・受注することができます。

クラウドソーシングによって、子育て中の主婦や介護中の方など、外に出て働くことが難しい方も、自宅で働くことが可能となったほか、本業をしている方も、自宅でも簡単に副業をすることが可能となりました。

「クラウドソーシング」というシステムは場所や時間に捕らわれずに仕事ができるため、企業のみならず、政府も注目している働き方となっています。

 

クラウドソーシングの市場規模は?2020年には約3000億円

f:id:tamamask:20171116170744j:plain


2016年11月に、矢野研究所が調査したデータによると、クラウドソーシングサービスを提供している事業者や、業界団体である「一般社団法人 クラウドソーシング協会」の活動によって、今後さらに、仕事の受注・発注が見込まれた結果、市場規模が拡大傾向にあることが予測されています。

その結果、2013年度には市場規模が215億円でしたが、2020年度には3000億円と市場規模が徐々に大きくなることが見込まれているのです。

発注する側の信頼の高まりとともに、主婦やフリーランスなど、それまでクラウドソーシングの主な受注側だった方々に加え、正社員として働く方の副業としても、クラウドソーシングが浸透する点からみても、今後市場規模がさらに拡大することが考えることができます。  

クラウドソーシングのメリットは?

f:id:tamamask:20171116170902j:plain


では、クラウドソーシングにはどういったメリットがあるのでしょうか? 「発注者側」・「受注者側」、それぞれのメリットについてみていきましょう。

発注者側のメリット

発注者側のメリットとして、「人材探しの手間が省ける」「納期の融通が利きやすい「人件費を削減できる」の3つがあげられます。それぞれのメリットについて、詳しく解説していきます。

「人材探しの手間が省ける」

発注したい案件が出た時、まず発注側が苦労するのが「適切な人材探し」です。クラウドソーシングではインターネット上にお仕事の条件を提示することで、そのお仕事を受注したいワーカーが、自ら名乗り出てくれます。

よって、発注側は自分で人材探しをする手間やコストを大幅にカットすることができます。

「納期の融通が利きやすい」

仕事を発注するにあたっては、納期が迫っており、早急に仕事を依頼したい時があります。クラウドソーシングでは仕事を発注するにあたり、この日までに納品してほしい、と事前に提案することができるため、納期の融通が利きやすいというメリットがあります。

「人件費を削減できる」

これまでは外部に仕事を発注すると、コストが高くかかっていました。 しかしクラウドソーシングでは、受注側と直接契約を結ぶため、通常よりもコストを抑えてお仕事を発注することができます。

これは、仕事を発注する上で最も大きなメリットともいえるのではないでしょうか。

受注者側のメリット

受注者側のメリットとして、「好きな時間・場所で働ける」・「打ち合わせの手間がない」・「仕事を選べる」があげられます。それぞれのメリットを、詳しくみていきましょう。

「好きな時間・場所で働ける」

子育てや介護などにより、なかなか外で働く時間がない方や、本業以外に副業をしたい方にとって、クラウドソーシングを利用する一番のメリットは、「好きな時間・場所で働ける」ということです。

外で働くとなると、決められた時間に家を空けなくてはならないだけでなく、家族の都合によってお仕事を休むことが難しいため、家庭との両立が難しい。というデメリットがありました。

子育て中の方は、お子さんがお昼寝している間にお仕事をすることもできますし、介護中の方は、介護者がデイサービスに行っている間、自宅でお仕事をすることが可能です。

また、会社員として働いている方も、自宅へ帰宅後や、朝早く家を出て、始業時間までの間に喫茶店でお仕事をすることも可能となっています。

「打ち合わせの手間がない」

仕事を受注する上で、多くの方が悩むのは「打ち合わせ」です。クラウドソーシングで受注するお仕事のほとんどは、システム上のメッセージでのやり取りのみで打ち合わせが終了することがあります。

Skypeやチャットワークなど、外部のコミュニケーションツールを利用しながら、場所や時間を選ばない方法で打ち合わせを行うことができるため、打ち合わせの手間を省くことができるのです。

「仕事を選べる」

クラウドソーシングで受注できるお仕事は、ライティングをはじめとして、デザインやシステム構築、テープ起こしや音楽まで多岐にわたっています。つまり、自分の得意分野で仕事を受注することも可能となっているのです。

デザイン関係のお仕事に就きたかったけれど、本職にはできなかった。という方であっても、クラウドソーシングを利用することで、デザインをお仕事にすることができるかもしれません。

「自分でお仕事を選ぶことができる」という点も、クラウドソーシングのメリットと言えます。

 

クラウドソーシングは21世紀型の新しい働き方

クラウドソーシングはお仕事を発注したい側、受注する側双方にメリットは、まさに21世紀型の新しい働き方といえます。

今後、さらに市場は拡大していくことが予想されている今、あなたもぜひクラウドソーシングを利用してみませんか?

次回は、「 おすすめのクラウドソーシングのサイト・サービスを比較で一挙に紹介」します。ぜひご一読ください。


▶︎クラウドソーシング・クラウドワークスの全記事はこちら