クラウドワークスの手数料・システム利用料についての解説

f:id:tamamask:20171129153406j:plain

クラウドワークスでは、お仕事をすると手数料・システム手数料がかかります。

お仕事の報酬や出勤方式によって異なるこれらの費用 について、図を利用しながらわかりやすくご紹介します。

 

クラウドワークスのシステム手数料について

クラウドワークスのシステム手数料は、上記のようになっています。

f:id:tamamask:20171129153437p:plain

固定報酬制の場合

  • ~10万円以下の部分は報酬の20%
  • 10万円を超えて20万円以下の部分は報酬の10%
  • 20万円を超えた部分は報酬の5%

時間単価制の場合

システム利用料は固定報酬制と同額ですが、週単位で計算を行います。

料率の基準となるシステム手数料の計算は毎週行われているので、翌週への繰り越しは行いません。

タスク形式の場合

◆報酬の20%

上記の金額は全て税込みで、別途振込手数料が報酬の振込金額から引かれます。こちらの金額はβ版期間中のものであり、β版終了後システム利用料の改定を行う可能性がありますのでご承知おきください。

金額によるシステム手数料の違いは以下をご確認ください。

100,000円の仕事の場合:
100,000 - (100,000×0.20) = 80,000円・・・メンバーが受け取る額

500,000円の仕事の場合:
500,000 - (100,000×0.20 + (200,000 - 100,000)×0.10 + (500,000 - 200,000)×0.05) = 455,000円・・・メンバーが受け取る額

引用元:受注したい方向けのご利用料金 https://crowdworks.jp/pages/howitworks/members-prices/

また上記の情報は2017年11月現在のものなので、規約の改定などにより金額が高くなる可能性があります。

お仕事をする際には、必ず最新のシステム手数料・手数料をご確認ください。

注意したい「報酬出金期限」

確定した報酬の受け取りは、確定後から180日です。

キャリーオーバー方式を利用して出金を行わずにいると、180日過ぎてしまって報酬を受け取ることができなくなってしまいますので、ご注意ください。

 

報酬確定後の手数料について

f:id:tamamask:20171129153501j:plain
クラウドワークスでは、通常毎月15日・末日の締め日を設けており、締め日までに検収や承認が終了したお仕事の報酬が支払われます。

報酬の受け取りは、登録した銀行口座で行いますが、
楽天銀行税込み100円・他行税込み500円の振込手数料がかかります。

また、稼働分の報酬を早く受け取りたい方のために「クイック出金」という機能があります。

クイック出金

f:id:tamamask:20171129153544p:plain

クイック出金では、報酬金額の3.5%の利用料金がかかります。

クイック出金を利用するには、報酬が520円以上確定した状態で、出金方式で「キャリーオーバー方式」を選択し、申請を行う必要があります。

出金は、申請日+3営業日なので、最短で検収後3営業日以内に報酬を受け取ることができます。

後払いのため未払いになっている報酬そして振込が確定している報酬は、クイック出金対象外です。

クイック出金利用時の注意

注意をしたいのが、報酬が確定していて出金処理をしている場合、追加で出金ができない点です。例えばクイック出金を申し込んでいるにも関わらず、追加で申し込むことはできません。

口座に振り込みが終わってから、次の出金の申し込みをするように心がけましょう。

 

システム手数料・振込手数料のまとめ

クラウドワークスでのシステム手数料は、報酬金額によって異なります。そしてクイック出金を利用すると、最短で検収後3営業日以内に報酬の振り込みがありますが、報酬金額の3.5%の利用料金がかかります。

また振込手数料は、登録した銀行口座によって違いますので注意が必要です。

次の記事は、クラウドワークスの振込日と出金方式・キャリーオーバーを解説します。 こちらも合わせてご一読ください。


▶︎クラウドソーシング・クラウドワークスの全記事はこちら