営業車内でエンジョイするには?「おれは会社でどうしたらいい?」第3話

 

f:id:p-journal:20180328115047j:plain

 

前回までの話はこちら

ノルマのない営業ってあるの?「おれは会社でどうしたらいい?」第1話

とにかくお菓子を持っていこう「おれは会社でどうしたらいい?」第2話

f:id:fushigishiatsu:20180320175253j:plain

 

f:id:fushigishiatsu:20180320175531j:plain

f:id:fushigishiatsu:20180320175330j:plain

 

 

会社のお約束解説

営業車

地方営業では一人一台与えられることが多い。なんとなく自分の物みたいに勘違いしてしまいそうになる。

無言で評価

 怒られるのと、無言で評価を下げられるのと、どっちがいいか? なんとも言えないところである。

 

会社に入社しました、が……

 ぼくが会社を辞めるまでのストーリー。3話目でようやく入社しました(2話目までは入社前の話です)。落語のテープで退屈しないようにしたのに、それが上司の不興を買ったり、とにかくいろいろとかみあわないことがありました。

今後もいろいろとかみあわないことがたくさんおこります。今思い起こせば、会社が悪いというよりもぼくが悪いことがほとんどです。

……ですが、いろいろな都合で連載はこれで最終回ということになりました! みなさんの心の中にそれぞれの「おれは会社でどうしたらいい?」みたいな瞬間ってたくさんあると思うんですよね。短い連鎖でしたが、その一つ一つを思い出してもらえるきっかけになってくれたらうれしいなって思います。

 

【執筆者】斎藤充博

f:id:p-journal:20180216150833j:plain

1982年生まれ。下北沢で仕事をしている指圧師。マンガを描いたりWeb記事を書いたりすることがどうしてもやめられない。


▶斎藤充博さんのHP:下北沢ふしぎ指圧

▶斎藤充博さんのTwitter:@3216