コツは「時間への意識」と「家事・育児の最適化」、本業・副業・育児を両立させるには

f:id:p-journal:20171119185318j:plain

周りの人が副業を始める中で「自分もやってみようかな」と思うお父さんは多いのではないでしょうか。しかし、いざ真剣に考えてみると「本業との兼ね合いが不安」「まだ小さい子供がいるしな」と不安がたくさん。そんな中で本業・副業・育児を両立させている現役デザイナー・OMGさんがコツを公開してくれました!

副業には覚悟と犠牲が必要

「副業でもして、収入を増やすか」

現在、会社勤めをしている方の中にもそう考えている方はたくさんいるのではないでしょうか。 お小遣い程度でも、自由に使えるお金が少しでも増えればうれしいですよね。「前から欲しかったアレやコレを買おう」と夢も広がります。

しかしちょっと待って下さい。大事なことなので最初に言います。

本業以外での収入を増やすことは容易なことではありません。

金額の大小にかかわらず努力や覚悟、時間の使い方の工夫は必須です。また遊ぶ時間や趣味の時間も犠牲にしなければならない場面も多々あります。それほどの覚悟が無いと、副業は実現できないのです。

しかも結婚していて、小さい赤ちゃんがいたら?

ぼくはデザイナーとして平日フルタイムで働きながら、副業をし、さらに0歳児の子育てにも参加しています。

当然休みの日に自分の自由な時間はすべて副業や育児に回していますし、仕事や友人関係の飲み会などにはほとんど参加しません。

あなたには自分の自由を犠牲にしてでも家族を幸せにする覚悟はありますか?

副業と言っても仕事ですから決して楽ではありませんが、それなりの覚悟を持って望めば良い結果が出ます。残念ながら楽して儲ける方法はありません。しかし小さい子どもがいて、時間を自由に使えなくても副業で稼ぐことは可能です。

副業に何を選ぶかや本業での拘束時間、職種など、環境は様々だと思いますが、ぼくが普段実践している本業と副業、そして育児を上手く両立する考え方とコツを紹介していきます。

本業を最速で終わらせる

f:id:p-journal:20171119185413j:plain

まずサラリーマンの本分である、会社での仕事。ここでできることはただ一点「一分でも早く退社すること」です。目的はもちろん副業に割く時間を増やすため。

ぼくはデザイナーをしています。この仕事は比較的残業が多い職種であると思いますが、とにかく昔から「残業したくないなー」って思ってたんですよね。なので、就業時間中は「常に最速で仕事を終わらせるには?」にこだわって仕事に臨んでいます。もちろん毎日定時で帰れるなんてことはないのですが、「いい仕事をしてさっさと帰る」がモットー。ダラダラ残業している暇はありません。

残業を1時間減らせばそれがそのまま副業に使える時間になります。副業を1時間やればいくらになるのか、それを1ヶ月、1年続ければいくらか。 と考えればおのずと副業に割く時間を増やすという結論に達すると思います。

副業で結果を出すには毎日の細かい時間短縮が欠かせません。もちろん本業をおろそかにするなんてもってのほか。むしろ以前よりも高いパフォーマンスで本業をこなさなければ時間短縮は不可能です。

 実際、自分も副業を始めてからより本業の作業効率が上がりましたし、業務の改善案やムダを排除する意識も強くなりました。 意外な副産物だと思いますが、副業に真剣に取り組もうとすれば、本業にも好影響を与えてくれます。

スキマ時間の有効活用

f:id:p-journal:20171119185431j:plain

電車やバスなどで通勤されている方はここでも副業をすることができます。

ぼくの副業は、メインがブログ執筆とアフィリエイト、そしてたまに請負うデザイン業務です。作業のほとんどは「書くこと」なので通勤時間を有効活用して記事を書きます。やり方は簡単で、スマホにどんどんメモしていくだけ。

一本の記事であれば【タイトル】、【見出しなどの文章構成】、【各段落の文章】といったようにとにかくスキマ時間に細かい作業を入れていきます。iPhoneのメモ帳のアプリでOKです。通勤中に作成したメモの断片を帰宅後、自宅のPCで続きを仕上げていくと行った流れです。

家族の理解と協力を得る

f:id:p-journal:20171119185444j:plain

家庭をお持ちの方が副業にチャレンジしようとした時、家族の協力は不可欠です。奥さんに内緒でお小遣いを稼ごうなんと考えているのなら、本当におすすめしないのでやめておいたほうがいいです(笑)

奥さんからしてみれば、一日中育児で疲れているのに、旦那が帰ってきてこそこそパソコンいじって何かしてたら100%不満が爆発します。当然ですよね。ここは素直に情報開示が無難です。厳密にいくら稼いだとか包み隠さず言う必要はないとは思いますし、「家計のために副業を頑張りたい」と言えば止める奥さんはいないでしょう。

そしてブログやアフィリエイトは始めてすぐはなかなか稼ぐことができません。ぼくも最初は黙っていましたが、少しずつ収入が入りはじめた頃に妻に言いました。それ以来、色々とサポートや応援もしてくれています。

「家族で協力しながら稼ぐ」という意識は大事だと思います。やると言った手前自分を追い込めますよ!わが家の場合は、妻に宣言してから収入が伸びるスピードがぐっと上がりました。

家事と子育てを最適化する

f:id:p-journal:20171119185458j:plain

わが家では「子どもが寝るまでは副業をしない」というルールを設けています。理由は「妻の負担軽減」と「子どもの成長をリアルタイムで見守るため」。つかまり立ちで動き回るので目が離せませんし、日中働いている身なので帰宅後に家族全員で一緒に過ごす時間はとても貴重。

副業よりもよっぽど大切な時間です。優先順位は明確にしておくとメリハリが利いておすすめです。

そして家事も分担制。それぞれが得意な家事を行い、時間を節約しながら最適化していきます。

このように家族の協力があって初めて副業に取り組む環境が完成します。ぼくの場合、副業に割ける時間は平日で平均して2〜3時間になります。

 仕事を早く終わらせ、家事と育児を最適化してようやく2、3時間。お父さんにとっては結構リアルな数字ではないでしょうか。

この短い時間で結果を出さなければなりませんので、自ずと効率重視にならざるを得ません。

どんな副業をすべきか?

f:id:p-journal:20171119185516j:plain

最後の章は「どんな副業をするべきか」。 副業と言っても多種多様です。本業と子育てで手一杯の状況で、一体何をすればいいのか。 あえて正解っぽいことを言うなら「自分が得意なこと」です。曖昧ですね。 ただ、時間のないお父さんにとって選べる副業は限られています。

①締め切りがなく自分のペースで取り組めるもの

育児は常に予測不能の連続です。タイトな締切が設定されている仕事はかなり大変だと思います。できないことはないでしょうが、睡眠時間を削ったりして体調を崩しては元も子もありません。なるべく余裕を持って進められる副業を選択するべきです。 締め切りがなく自分のペースで取り組める副業が最適です。

②時給ではなく、スキルを商品化できること

次に本業が終わってからのアルバイト。これも個人的には却下です。時給で働く=時間の切り売りだからです。そもそも2〜3時間しか自由時間がありませんので全く稼げません! 今までに得た経験を活用して、スキルを商品化することをおすすめします。

アルバイトの時給よりも遥かに効率よく稼ぐことができると思います。 ぼくの場合はデザインの専門知識とスキルがあるので、デザイン業務を請け負うことができますが、積極的にはやっていません。なぜなら手を動かした分=収入であるため。

これだと自分が手を動かさなければ稼ぎ続けることができません。なので、時給換算とほぼ同じ意味です。必死で捻出した時間を等価でお金に交換するのはもったいないです。

③資産化できるもの

そこで目をつけたのがブログでした。ブログやアフィリエイトと言った副業はストック型のビジネスです。ブログに記事が蓄積していきますので、半年前に書いた記事が自分の知らないうちに収益を上げてくれます。そして、しっかり管理をすれば1年後も2年後も稼いでくれる可能性がある。

軌道に乗り始めると半自動で収入を得ることができます。すると、かなり余裕が出てくるのでまた別のサイトを立ち上げたり、得た収益を他のビジネスや投資に回すといったことが可能になります。

最悪、仕事や育児で副業にかけられる時間がなくなったとしても無収入にはならないのが最大の強みです。

しかしストック型の副業は最初が相当大変。多くの方が言っていますが、0を1にするのが本当に難しい。コツさえつかめれば応用が効くのですが、はじめてからしばらくは間違いなく無給です。コツコツ続けていくしか道はありませんが、可能性は十分あります。

個人的には、時間がない人こそブログやアフィリエイトがオススメ。家事や育児のことだってブログに書けますし、基本的にネタが尽きることがありません。

まとめ

本業と副業、育児を両立させるために重要なことは

  1. 本業を最速で終わらせる
  2. 家族の協力を得て家事・育児の最適化を計る
  3. 効率の良い副業を選択する

の3点。共通して言えるのはとにかく時間にシビアになることです。

自由に時間が使えないというハンデを工夫しながら乗り越えていく必要があります。

冒頭でも述べましたが、副業を実現するのは簡単ではありませんし、始めてすぐは結果がついてこないことも事実。

しかし家族の存在もモチベーションアップに繋がります。お子さんをお持ちのお父さん、家族の幸せのために目標を持ってがんばってください!

▶︎OMGさんの他の記事を読む

【執筆者】
OMG

f:id:p-journal:20171119205802j:plain

「いい仕事をしてさっさと帰る」がモットーのグラフィックデザイナー。"むずかしい事のハードルを下げる"をテーマにブログを書いています。


▶OMGさんのブログ:OMGmag

▶OMGさんのTwitter:@omgoxorg